miwa 競泳・萩野との交際発覚

 2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト、萩野公介(24)=ブリヂストン=と人気シンガー・ソングライター、miwa(28)が真剣交際していることが8日、分かった。一昨年10月に仕事先で出会った2人は、昨年3月放送のテレビ共演で意気投合。複数の関係者によると、友人を交えて食事するなどグループ交際を経て、約1年前から恋愛関係に発展した。アスリート、アーティストとして切磋琢磨する爽やかな2人の恋に注目だ。
 日本競泳界のエースとNHK紅白歌合戦に出場したギター女子のビッグカップルが誕生した。
 萩野とmiwaの出会いは2016年10月。リオ五輪で金・銀・銅を獲得した2カ月後、萩野が同11日付のインスタグラムで「miwaさんと昨日NHKでお会いしました!miwaさんは合唱コンクール。緊張しすぎて、何も話せなかった、、、」(原文まま)とつづり、仕事場で撮影したツーショット写真を掲載した。
 当時は“憧れの歌姫”だったが、2人は同年末に収録したNHK Eテレ「オン・マイ・ウェイ」(昨年3月放送)で再会して意気投合。miwaがナビゲーターを務める同番組に萩野が対談相手で出演し、「幸せ」について語り合った。
 萩野より4歳上のmiwaは平昌五輪ノルディックスキー・ジャンプ女子銅メダリストの高梨沙羅(21)と親友であり、アスリートは身近な存在。競泳選手、シンガー・ソングライターと互いに生きる世界は違うが、試合や紅白で“結果”を出して周囲が喜んでくれる時に幸せを感じるなど価値観も合い、友人としてグループで食事へ出かける仲に。楽しい時間を共有するうち、互いに自分の道を追求する真摯な姿に惹かれ合い、約1年前から真剣交際に発展した。
 競泳界の期待を担う萩野は、五輪で金メダル23個を取った米競泳界のレジェンド、マイケル・フェルプス(33)にちなみ、“和製フェルプス”と呼ばれる存在で、高校生で出場した12年のロンドン五輪400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。16年のリオ五輪では同メドレーで日本記録を出し、金メダリストに。20年の東京五輪でも金メダルを期待されている。
 一方のmiwaは10年にデビューし、13年から4年連続で紅白歌合戦に出場。アコースティックギター1本で47都道府県弾き語りツアーを8年がかりで成功させるなどギター女子の歌姫として絶大な人気を誇る。今年8月にはトレードマークだった長い黒髪をバッサリ切り、ショートヘアに大変身。今月22日から初ベスト盤「miwa THE BEST」の全国ツアーも始まり、今後は自身の体験から生まれた恋愛ソングも期待される。
 トップアスリート、人気アーティストとして、記録やヒット曲で結果を出す苦悩や喜びを共有する2人。リスペクトし合い、切磋琢磨する“相乗効果”で、公私ともにさらに輝きを増していく。
(source)

Facebook Comments

comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: